読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ひだまりごはん」とは

f:id:hidamari957:20170330174756j:image

ある日のひとりご飯。

一汁一菜。

 

・おにぎり「福米」五分づき。(無農薬無化学肥料で2016年度のうちのお米)

・お味噌汁 大根とお揚げとひだまり味噌「一年もの」。

・たくあん (無農薬無施肥のひだまり大根で漬けた自家製)

 

おにぎりが大好きです。

母が握ってくれた丸いおにぎり。

美味しかったな。

なので、私もいつもは丸いおにぎり。

佐藤初女さんのように、心込めてふっくら握れるようになりたいな。

 

お味噌汁は本当に毎日でも飽きない大根と油揚げ。

お味噌が美味しいので、もう出汁をとるのもやめました。

野菜からの出汁とお味噌の旨味だけで最高に美味しいから。

 

たくあんは、本当にたくさん漬けて、たくさん食べたー!

3樽漬けて、残すは3樽目の最後の段に。

「もう残りわずかだよ」って伝えたら、旦那さん「えー、寂しいなぁ」ですって(笑)

なんとも有難い言葉。嬉しい。

 

一汁一菜。

どれもシンプル。

テクニックなんてほとんどいらないご飯。

でも最高に美味しい‼︎

だって、この食材たちの「ストーリー」を全部知ってるもの、語れちゃうもの。

お米もお味噌も野菜も。

手塩にかけて、一緒に季節を重ねて、この手で収穫して、保存食にしたもの。

食材の「生命」を見つめてきたから、美味しいって「知ってる」。

だから、食材そのものの味を引き出して、味付けは最低限にシンプルに、「引き算」の料理。

 

それが「ひだまりごはん」。

 

よく「医食同源」というけれど、私は「医食農同源」だと思っている。

これはマクロビ教室の師匠から贈られた言葉。

「医食農同源を体現することこそ、真のマクロビオティックですね」とメッセージいただいたのが、今の私のご飯の根底を占めている。

 

それが「ひだまりごはん」。

 

食材は「生命のエネルギー」そのものの。

食べることは生命をいただくこと。

料理は生命の移し替えであること。

食材の生命に対するリスペクトをもって包丁を手にすること。

 

それが「ひだまりごはん」。

 

私たち自身はベジタリアンではありません。

お肉もお魚も有難くいただいているし、たまには外食も楽しみます。

止むを得ずコンビニに駆け込むこともあったりします。

でも「やっぱり家で食べるご飯が一番美味しいね」と、立ち返る「場所」があるのです。

 

「いただきます」の真の意味を、心からの実感を伴って言えること。

それが「ひだまりごはん」なのです。

 

さぁて、今晩のご飯は何にしようかなぁ♪

 

(hana)