読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レポート】5/6 CHIORI先生による草木染め&yogaリトリート

新緑のグラデーションが山並みを彩る鮮やかな季節。

CHIORI先生のお日様のような笑顔と、ゲストの皆さんをお迎えして、草木染め&yogaリトリートを開催しました。

f:id:hidamari957:20170512071957j:image

まずはyoga。
なんと全員が庭にマットを広げて!
たまに強い陽射しが眩しいときもありましたが、この空と新緑に包まれた景色の中でのyogaは身も心も伸び伸びします♪

f:id:hidamari957:20170512072118j:image

 

 f:id:hidamari957:20170512072021j:image

見えないけれど確かに「ある」氣を感じること。
なんだか今日一日に大きく流れるテーマだったように思います。

f:id:hidamari957:20170512072213j:image
眼を閉じて、伸ばした背筋が美しい。

 

yogaの後はお腹もぺこぺこなランチタイム。
春のほろ苦い恵みを存分に盛り込んだメニュー。

f:id:hidamari957:20170512072240j:image

f:id:hidamari957:20170512072312j:image
「いただきます。」

 f:id:hidamari957:20170512072345j:image

この景色の中で食べるご飯は至福です。
自己紹介もしながら、同じ釜の飯を食べる仲はどんどん深まります!

f:id:hidamari957:20170512072408j:image

 

そして午後は、染めの時間!

f:id:hidamari957:20170512072435j:image
数日に渡って煮出しておいた染液は、桃の血液のような濃さ。
枝からこんなに深い色合いが現れることに、皆さんとても驚かれていました。

f:id:hidamari957:20170512072505j:image

今回は「暮らしの手しごと」としての草木染めを通して、植物の恵みを存分に布に映し込ませて身に纏っていただきたく、
絞りなどの模様をつける工程は省きました。

f:id:hidamari957:20170512072527j:image

 中国最古の書物書経』には「飲食・衣服は大薬なり」とあります。
「食」は身体の内側から、
「衣」は身体の外側の皮膚を通して、
それぞれ植物の効能をいただくこと。

f:id:hidamari957:20170512072623j:image
もともと治療として薬草を浸み込ませた布を纏うことから「服用」という言葉が生まれています。

ご自身の布を染める中で、桃の染液に触れ、染液から立ち昇る湯気の香りを嗅ぎ、眼で色を感じる。
五感をフルに使って、桃のエネルギーとの対話をしていただきました。

f:id:hidamari957:20170512072650j:image
「何で草木染めをやりたいと思ったんですか?」
私が季節の染めに魅せられるまでをお話ししたり。

f:id:hidamari957:20170512072703j:image
合間には次の季節の染め「藍の生葉染め」のご紹介も。
昨年染めた藍の空色の手ぬぐいに眼を輝かせる皆さん。

 

染めの後半は、ハンモックシエスタも思い思いに楽しんで♪

f:id:hidamari957:20170512072752j:imagef:id:hidamari957:20170512072800j:image

 

f:id:hidamari957:20170512072820j:image
海なし県の山梨ではめったにお目にかかれないビーチのようなお日様タイム。


おうちハンモック♪

f:id:hidamari957:20170512072843j:imagef:id:hidamari957:20170512072854j:image

ゆらゆらとまどろむもあり、眼を閉じ瞑想もあり。

f:id:hidamari957:20170512072907j:image
ハンモックの上は、yogaマットの上とはまた違った自分だけの特別なじかんです。

 

f:id:hidamari957:20170512072945j:image
今回のスイーツは草餅。
ランチのお茶は麦茶と蓬茶のブレンド茶でしたので、草餅と併せて蓬の効能を身体の内側からいただきます。
蓬で染めた布ナプキンもご紹介しました。
「内服」と「外服」。

 f:id:hidamari957:20170512073004j:image

みなさんのこの笑顔。
弾けるCHIORI先生(笑)

 

f:id:hidamari957:20170512073027j:image

ティータイムは一日を振り返って感想のシェアも。

 

シェアいただいた感想です。

「目に見えないエネルギー、愛、優しさをたくさん感じました。おだやかで幸せな気持ちをありがとうございました。
目に見えない大切なものってたくさんあって、それを感じる心を大切にしたいです。」

 

「休む、身体の声を無視せずに聴くこと。命をいただいている食事の大切さ。自分を大切にしてあげることの再確認。」

 

「心も身体も緩んで、気持ちが穏やかになりました。忙しさに気を取られた日常を抜け出して、また帰ってきたい‼︎そんな場所です。」

 

「着るものの大切さを感じました。はなえさんのお話し、外服という意味もとても面白かったです。「染める」という行為がここでのリトリートで自然のありがたさを感じ、自然への感謝、気付きに染まっていくのを感じました。染まったものはきっと色褪せていくのですが、心のどこかで染まり続けて色褪せないものもあるような気がします。」

 

「久しく五感をつかって感じることを忘れていました。風の音、土の匂いetc…嗅覚、聴覚など…。また大変ご飯が美味しかったです。味覚を忘れていました。地の物の濃い味で、大地のエネルギーをいただくことができました。ハンモックもお腹の中にいるような安心感があり、すごくくつろいで癒されました。ありがとうございました。」

 

f:id:hidamari957:20170512073101j:image
目には見えないけれど、大切なもの。
五感をフルにつかって感じとること。
感じとったことは、皆さんそれぞれでも、きっとご自身が本当に必要としていたメッセージなのだと思います。 

今日染めたものを身に纏ったときに、今日ご自身が感じとられた大切なものが、ふんわりと思い起こされますように!
桃の枝と一緒に願っています。

f:id:hidamari957:20170512073200j:image

染めたものは、たっぷりの染料を含ませてお持ち帰りいただいて、最後の工程はそれぞれのご自宅でお願いしました。

 

CHIORI先生
ゲストの皆さん
ありがとうございました!

どうぞまたのお還りをお待ちしていますね♪

 

(hana)