読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水出し珈琲

f:id:hidamari957:20170107135443j:image

 ハンモックの仕事で埼玉県を巡りました。

取り付けたところのスタッフさんが「ちょっとお時間あれば、美味しい珈琲を飲みに行きませんか?」と連れて行ってくれました。

 

ちょっと車を走らせる道々には、木工や製材所などが立ち並び、なんだかワクワクしました。

 

着いたところには趣のある佇まいが。

f:id:hidamari957:20170107140441j:image

築140年の建物の味わいある引戸を開けると、木の小物や絵本が並び、その奥に年代物の水出し珈琲のガラス器がありました。

すでに今はもう製造されていないらしい、大きく複雑な水出し器は1秒一滴、8時間かけて珈琲を抽出するそうです。

ものすごい存在感でした。

(圧倒されて写真を撮り忘れたくらい)

 

またマスターの風貌からカウンター席のいたるところにこだわりが感じられ、ついついマスターの所作に魅入ってしまいました。

f:id:hidamari957:20170107135443j:image

 

一番人気はアイス珈琲だそうです。

マスターのポエム付き。

f:id:hidamari957:20170107140635j:image

 

私はホット珈琲の方が好きでした!

いやはやもう珈琲とは思えない、これまで飲んだことのない澄んだ味わいでした。

f:id:hidamari957:20170107140800j:image

 

珈琲に魅せられて35年。

ひたすらに味を追求し続けてきたマスターの人生模様もうかがい、なんだかとても味わい深いひとときでした。

 

向かいには、初夏に蛍が舞う川が流れ、土手にはベンチやテント、焚き火の場所までありました。

樹齢140年の桜の木の下で飲む珈琲は至福のひとときだろうなぁ。

 

f:id:hidamari957:20170107141102j:image

マスター曰く「季節を問わない色」と様々な白い物が配置され、白い額は「誰でもモナリザになれる場所」だそうです。

次回、そっと微笑んでみようと思います(笑)

 

またきっと行きます。

 

(hana)