読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の風物詩

日々のこと 自然

f:id:hidamari957:20161219085528j:image

風がない朝にはたくさんの「のろし」が上がります。

果樹の剪定をした枝を燃やしている白い煙があちこちから立ち上ります。

 

風がないので盆地に煙が滞留して、まるで雲海のよう。

 

冷え込む朝にたくさんの「のろし」が上がると、しみじみと冬の訪れを感じます。

 

(hana)